FC2ブログ

河東線を行け!(屋代駅2000系・169系共演イベント)

さて、朝上田を撮影した後は…上田からしなの鉄道で移動

2011年1月29日 しなの鉄道 上田 169系側面サボ
ちょうど臨時列車の169系が入線してきました。

本当にコイツが須坂まで行ってくれればそれはそれですげぇいいんだけどw

臨時の先行で屋代へ移動。
すでに2000系A編成は入線済み。

2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
2002側はヘッドマークが外されていました。
丸みが強調されますが…B編成・C編成ともに廃車後ヘッドマークを外されて留置されている姿を思い出します…
近いうちにコイツも同じ運命をたどるわけですよ。

2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
2001側は早くも被写体となる準備万端!いつものヘッドマークを…

んっ?

2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
こ、これは…
ブック式のヘッドマーク!ニクい演出です!
っていうかもうこれでお腹一杯なんですが…

2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
169系が転線してきて…

2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
イベント開始~

少し経つと突然169系のドアコック操作でドアが開き…

スコンと小気味よい音が響いて…
急行志賀サボ
急行 志賀
長電のイベントにもってこいのサボでしょう。

2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
負けじと2000系もヘッドマークをパタパタして…
木島行きの特急「のざわ号」 当時幕はないはずですが…幕もしっかり特急木島表示

169系は再びドアが開き…またもやあの小気味よい音。
2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
今度は急行 信州

するとまたも負けじと2000系がパタパタ動き…
2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
各駅停車 湯田中!

169系はどうも派手で目立つヘッドマークを外し…
2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
シンプルないつもの姿に!

2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
なんとも味わい深い並びではないですか!
当然両車が優等列車として闊歩していた時代には生まれておりませんが…そう感じてしまう。
名車の力というものですかね…

2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
千曲生まれの私歓喜な御姿…各駅停車屋代

2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
ぱたぱた~

2011年1月29日 屋代駅 2000系A編成&169系S52編成共演イベント
最後にもう一度特急のざわ号となってイベントはフィニッシュ!

私たちは駅を出て…
タクシー♪ の前に…

2011年1月29日 千曲市循環バス大田原線 やまぶき号
千曲市循環バス大田原線「やまぶき号」
姨捨線「めいげつ号」が新車に変わった?のか塗装がさびしくなってしまい…
残りの循環バスもどうなることやら…
路線ごと異なる絵柄の循環バスは近い将来見れなくなるかもしれないです。

っと、再び長電に意識を戻し…

2000系臨時列車の本運転~
2011年1月29日 長野電鉄屋代線 東屋代~雨宮 2000系A編成
いつものヘッドマークに戻って須坂に向かう臨時列車…ん?
なんと幕は「特急 木島
屋代発木島行きなんて…河東線全線走破ですよ♪

あぁ…河東線を知らないファンもいるんだろうな…と思うとちょっと残念ですね…
千曲川の東側の発展という重要な役目が路線名に現れたいい名前だったのに…
木島線廃線からこの呼び名は無くなって屋代線になってしまい…さらに屋代線も無くなって…
50キロ超の路線だった河東線は須坂~信州中野間が残るのみとなります。
まだ二十歳の私ですが…河東線という呼び名がどうも定着しているもんで…

2011年1月29日 長野電鉄屋代線 雨宮~東屋代 3500系O5編成
駅に戻る途中で屋代線も撮影。この撮影日はまだ廃止が決まってませんでした…
ワンマン表記が無い屋代表示いいね!
廃線前にしっかりと記録したいもんです。

屋代線で須坂まで行き…
再び代走特急を撮影。

先ほどの臨時列車の乗客が須坂で1000系ゆけむりに乗車できるように、代走する運用が違っています。

2011年1月29日 長野電鉄長野線 2000系D編成
12A A特急 長野行き 2000系D編成

2011年1月29日 長野電鉄長野線 8500系T5編成
225レ 各停 須坂行き 8500系T5編成
見慣れた姿(笑)

2011年1月29日 長野電鉄長野線 2000系D編成
11A A特急 湯田中行き 2000系D編成
都会の高規格路線とも遜色ない雰囲気…

須坂ではちょうど15Bで出庫するA編成の入換が行われていました。
2011年1月29日 長野電鉄長野線 須坂 2000系A編成
2011年1月29日 長野電鉄長野線 須坂 2000系A編成・8500系T6編成
おぉT6との並び。2100系が運行開始してない今、最新鋭の電車です。

今日のひそかなメインである…
2011年1月29日 長野電鉄長野線 小布施 2000系D編成・2000系A編成
2000系の小布施並び
通常陽の出ている時間に小布施で並ぶことはありません。
イベントの副産物…とても貴重な姿です。

2011年1月29日 長野電鉄長野線 小布施 2000系D編成・2000系A編成
山の稜線も美しい…


っとこの直後…D編成は急停車
私たちのちょい長野よりで撮影者が線路に近づいていたようです。
人が増えるとね…こういうことが怖い…

最後まで…無事に走り抜けてほしいものです。
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメント

非公開コメント

こんばんは!
私は長野電鉄長野線沿線住民ですが、屋代線存続を応援しています。
http://yasirosenn.naganoblog.jp/
こちらに動向が掲載されますのでぜひお寄り下さい。

書き込みありがとうございます。

沿線の動向や様々な応援メッセージなど、興味深く読ませていただきました。
取り巻く環境が厳しいながらもこうした住民運動は非常に大切なことですね。

鉄道が消えた場所はほとんど衰退しています。
しかしながら維持していくのも大変な状態です。
どれだけ愛されるようにしていくのか、これは沿線の活動にかかっているのではないかと思います。
プロフィール

じゅげむ9007

Author:じゅげむ9007
「ななくりとうきゅう」へようこそ。

長野県出身、東急沿線、ハマ線沿線民。

上田電鉄別所線の撮影をライフワークとして、仕事の合間に現時点では月1以上の上田訪問を目指してちょいちょい通っています。

平成30年 別所線の将来を考える会 会員

別所線にのろう!
当ブログは上田電鉄別所線の存続運動を応援しております!
上田電鉄バナー

別所線にのろう!リンク

企業・行政・民間が一体となった別所線の存続活動が動いております。
地域の財産である公共交通をしっかりと守っていくことは非常に大切なことです。
様々な団体が支援策を打ち出し、上田電鉄さんも企業努力をしていらっしゃり盛り上がりも見せておりますが、廃線の危機から救われたわけではありません。
継続した支援策や取り組みを行っていくことで魅力ある別所線を存続させていきましょう。

存続のために…
1.通学、通勤定期を買ってもらおう。
2.自治会回数券を買ってもらおう。
3.別所線のイベントには必ず参加しよう。
4.一年に1回は別所線に乗ろう。

2011年10月27日の別所線の将来を考える会例会で決議された行動スローガン!。
当ブログ管理人のように地元の人間ではない場合、フラっと観光で乗ってみるだけでもいいのです。
小さな電車に揺られて景色を楽しみながら…
楽しいひと時を創りながら存続にも貢献できる…
一石二鳥です。

さぁ、みなさんも「別所線にのろう!」


別所線存続支援キャラクター「北条まどか」公式Twitterアカウント
別所線の「今」を感じてみませんか?


「上田市アイプロジェクト」公式Twitterアカウント
別所線の支援策を基に続いて上田市内バスの利用促進へとステップを進まれます。 今後の情報に注目です。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
現在時刻


アクセスカウンター

カウンター設置:2011.2.4
ブログ開設:2008.8.22
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
当ブログについて
当ブログについての説明です。必ずご一読ください。
このたびは「ななくりとうきゅう」にお越しくださいましてありがとうございます。
名前の由来は古くは「七久里の湯」と呼ばれた別所温泉+地元の東急ということです。
上田電鉄を主体に東急線、長野電鉄線などを扱ったブログです。
また管理人じゅげむ9007は上田電鉄別所線の存続活動を応援しております。

当ブログの記載内容はほとんどが個人的に思ったことをつらつら綴っているだけですので、基本的に各鉄道会社等との関係はございません。
記載内容が最新の情報で無い場合もあります。特に撮影地に関する部分はご注意ください。
当ブログの内容を参考にした結果発生した不利益に関して、当ブログは責任を負いません。

掲載されている画像・文章についての著作権はすべて管理人にあります。
無断転載など著作権侵害に当たる行為はおやめください。
また、リンクはフリーですが、設定された際はコメントなどで結構です、お知らせしていただけると助かります。
リンク先はトップページ・各記事のページに限ります。画像への直リンクはおやめください。
その他基本的なマナーをご留意いただいた上でのコメントなど大歓迎でございます。


それではどうぞごゆっくりご覧ください。