京浜工業地帯の夕景色

9月11日

2015年9月11日 JR東日本鶴見線 大川~安善 205系T17編成
1706デ 各駅停車 鶴見行き
夕方の日差しに照らされて3両の電車が運河を渡る。
一日平日9往復、休日3往復の大川支線。乗り鉄泣かせの少なさ。
工場を背に京浜工業地帯の戦士たちは家路へ。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

扉が開けばそこは海

9月11日

地元横浜にもたまには目を…ということで、鶴見線へ。

有名な海芝浦駅、初めて写真に収めに行きました。

2015年9月11日 JR東日本鶴見線 海芝浦
1312デ 各駅停車 鶴見行き
205系の豪快なドアの音と共に視界が開けると、ホームの先には海。鶴見つばさ橋のスマートな姿も良く見える。
普段山に囲まれたところで写真撮っている身には新鮮です。
平日の昼下がり、サラリーマンが3人くらいいるだけの静かな車内。折返しの十数分ノンビリです。

2015年9月11日 JR東日本鶴見線 鶴見 205系T11編成
1412デ 各駅停車 鶴見行き
そんな鶴見線の玄関口の鶴見は海芝浦と打って変わって昼間でも薄暗い印象。
屋根はアーチの形状こそやわらかい雰囲気を出すものの、鋲打ちの鉄骨はやはり無骨。
昭和初期の姿がここにはある。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

ビールバス

9月4日

札幌行ったらビールを飲もう。きっと避けることはできない。

2015年9月4日 北海道中央バス サッポロビール博物館
サッポロビール博物館なるものがありまして、かつての工場を博物館にして公開しています。
そこにはかなりの本数の中央バスがやってくる。麦とホップに誘われた酒飲みを乗せて…

2015年9月4日 北海道中央バスサッポロビール園アリオ線 サッポロビール博物館
188番 札幌駅北口行き
立派なレンガの建物と煙突をバックに札幌行き直行便。
6~7分で札幌駅に着くんだから酔っ払いにはちょうどよい。

ちなみにサッポロビール庭園駅にあるほうは現役の工場らしいです。
行ってないので次回にリベンジかな?

テーマ : 自動車全般
ジャンル : 車・バイク

列車監視

9月4日

会社の人たちと訪れた北海道。
二日酔いにて迎えた2日目、移動中に少しだけ写真を。

2015年9月4日 JR北海道函館本線 札幌 721系
3889M 快速エアポート131号 小樽行き
ホームに駅員さんがいる安心感。
赤い帽子も凛々しくベテラン然とした姿がカッコよい。

北海道のUシートいいですね!310円であの快適さは抜け出せない。
次から予め指定取って行こう…結構混む。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

1004編成検査出場

8月25日

検査に入っていた1004編成が8月25日の1運行より運用復帰。

2015年8月25日 上田電鉄別所線 下之郷 1000系1004編成
108レ 各駅停車 上田行き
下り本線据付の108レ。久しぶりに日中に撮った両点灯。
台車周りが非常にきれいです。

2015年8月25日 上田電鉄別所線 三好町~赤坂上 1000系1004編成
33レ 各駅停車 別所温泉行き
検修の方が添乗して足慣らし。
Tc車のスカートのカラーのチグハグ感はなんなんだろう。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

町中の田んぼ

8月25日

稲も実ってきた8月の終わり。

市街地に近い田んぼには鳥よけが設置されていました。

2015年8月25日 上田電鉄別所線 三好町~城下 1000系1002編成
16レ 各駅停車 上田行き
赤いネットが投網のように覆い尽くす。

2015年8月25日 上田電鉄別所線 三好町~赤坂上 6000系6001編成
18レ 各駅停車 上田行き
三好町~赤坂上の名撮影地は黒いビニールの鳥除けも追加。
市街地は特に鳥との攻防が激しいようです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

夏祭りの気配

8月8日

神畑公園がなにやら鮮やかに彩られている。

2015年8月8日 上田電鉄別所線 寺下~神畑 7200系7255編成
39レ 各駅停車 別所温泉行き
夏祭りが近いようです。赤と白の提灯が揺れていました。
お寺を背景にひまわりも加わってこれぞ日本の夏。

2015年8月8日 上田電鉄別所線 寺下~神畑 1000系1001編成
41レ 各駅停車 別所温泉行き
赤い提灯はやっぱり赤い帯と合わせたい!

点るのは数日後のお祭りの本番。
来年の課題になりました。今回はお祭りの気配ということで。

この日ご一緒しました まつ 様 お疲れ様でした。
遠路はるばる、ありがとうございます!!
またご一緒できる機会楽しみにしております。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

広角でもギラリ探し

8月8日

2015年8月8日 上田電鉄別所線 八木沢~舞田 1000系1001編成
40レ 各駅停車 上田行き
前日もここでこの列車の1本後になる1001編成を撮っていますが、今度は広角で。
田んぼの緑鮮やか。ギラリと輝くステンレスがボンヤリした夕方によく目立つ。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

日中の日差し

8月8日

8月7日から久しぶりに1001編成が1運行を脱して日中運用を含むサイクルに入りました。

2015年8月8日 上田電鉄別所線 八木沢~舞田 1000系1001編成
18レ 各駅停車 上田行き
夫神岳をバックに日中の日差しをたっぷり浴びる赤帯。やっぱりかっこいいぞ!

この1サイクルでまた1運行に戻ってしまい、さらには今は検査中のご様子。
検査明けてまた通常通りの運用に戻ることに期待です。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

まだ眠らない

8月7日

2015年8月7日 上田電鉄別所線 下之郷 7200系7255編成
111レ 入換
すでに下之郷駅を出発する終電が出たあと。待合室は電気が消えて営業は終了。
でも駅はまだ眠らない。
止めを2本出迎えて入換して電車を留め置く。暗い待合室とは対照的に電車や標識の照明がまぶしい。
(駅員さんの許可を得て撮影)

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

ダイヤモンド

8月7日

2015年8月7日 上田電鉄別所線 舞田~中野 7200系7255編成
44レ 各駅停車 上田行き
ダイヤモンドカットの背景に日没間際の太陽が輝く。
窓の奥も低い太陽高度で明るく、時折チラチラ煌めくのがまたよい。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

じゅげむ9007

Author:じゅげむ9007
「ななくりとうきゅう」へようこそ。

長野県出身、東急沿線、ハマ線沿線民。

上田電鉄別所線の撮影をライフワークとして、仕事の合間に現時点では月1以上の上田訪問を目指してちょいちょい通っています。
いろいろな景色を切り取っていくのは快感そのものですね。


他に地元の東急だったり長電撮ったり、撮影の趣向は銀色の電車に集中しているようです。
人気のある列車より地味に黙々と仕事をこなす列車の方に写真の重点はおかれている人間です。


まぁ結論から言っちゃえば

上田と長野と東急に重点を置いた通勤車好き


よくわからない?

そんなもんです(笑)


平成28年 別所線の将来を考える会 会員

別所線にのろう!
当ブログは上田電鉄別所線の存続運動を応援しております!
上田電鉄バナー

別所線にのろう!リンク

企業・行政・民間が一体となった別所線の存続活動が動いております。
地域の財産である公共交通をしっかりと守っていくことは非常に大切なことです。
様々な団体が支援策を打ち出し、上田電鉄さんも企業努力をしていらっしゃり盛り上がりも見せておりますが、廃線の危機から救われたわけではありません。
継続した支援策や取り組みを行っていくことで魅力ある別所線を存続させていきましょう。

存続のために…
1.通学、通勤定期を買ってもらおう。
2.自治会回数券を買ってもらおう。
3.別所線のイベントには必ず参加しよう。
4.一年に1回は別所線に乗ろう。

2011年10月27日の別所線の将来を考える会例会で決議された行動スローガン!。
当ブログ管理人のように地元の人間ではない場合、フラっと観光で乗ってみるだけでもいいのです。
小さな電車に揺られて景色を楽しみながら…
楽しいひと時を創りながら存続にも貢献できる…
一石二鳥です。

さぁ、みなさんも「別所線にのろう!」


別所線存続支援キャラクター「北条まどか」公式Twitterアカウント
別所線の「今」を感じてみませんか?


「上田市アイプロジェクト」公式Twitterアカウント
別所線の支援策を基に続いて上田市内バスの利用促進へとステップを進まれます。 今後の情報に注目です。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
現在時刻


アクセスカウンター

カウンター設置:2011.2.4
ブログ開設:2008.8.22
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
当ブログについて
当ブログについての説明です。必ずご一読ください。
このたびは「ななくりとうきゅう」にお越しくださいましてありがとうございます。
名前の由来は古くは「七久里の湯」と呼ばれた別所温泉+地元の東急ということです。
上田電鉄を主体に東急線、長野電鉄線などを扱ったブログです。
また管理人じゅげむ9007は上田電鉄別所線の存続活動を応援しております。

当ブログの記載内容はほとんどが個人的に思ったことをつらつら綴っているだけですので、基本的に各鉄道会社等との関係はございません。
記載内容が最新の情報で無い場合もあります。特に撮影地に関する部分はご注意ください。
当ブログの内容を参考にした結果発生した不利益に関して、当ブログは責任を負いません。

掲載されている画像・文章についての著作権はすべて管理人にあります。
無断転載など著作権侵害に当たる行為はおやめください。
また、リンクはフリーですが、設定された際はコメントなどで結構です、お知らせしていただけると助かります。
リンク先はトップページ・各記事のページに限ります。画像への直リンクはおやめください。
その他基本的なマナーをご留意いただいた上でのコメントなど大歓迎でございます。


それではどうぞごゆっくりご覧ください。