気合の千曲川橋梁

6月27日

一カ月ほど空いてしまいました。
明け番+勉強会+残業でもって上田入りは17時10分だよww
もう夕方…


でもね…
2012年6月27日 上田電鉄別所線 上田~城下 7200系7253F
39レ 各停 別所温泉行き
千曲川橋梁下り方バリ順光は夏限定!
夏至近ければ側面が強めの光線も撮れる。いい天気でよかった!
まぁ、このアングル得るのに寝っころがりましたが何かwww

さて城下交換でやってくる列車…
2012年6月27日 上田電鉄別所線 城下~上田 1000系1001F
40レ 各停 上田行き
間に合った!河口側水の上真横!タイミングもバッチリ
久しぶりの晴天で気合が入りますよ。

2012年6月27日 上田電鉄別所線 上田~城下 1000系1001F
41レ 各停 別所温泉行き
今度は上田方から下っていく電車を。
赤い橋が夕陽に照らされると尚更いい色になるね。

2012年6月27日 上田電鉄別所線 城下~上田 1000系1002F
42レ 各停 上田行き
上ってくる白友はなんか妙な出来に…もうちょい遅く切ればよかったね。

河原に降りて…
2012年6月27日 上田電鉄別所線 上田~城下 1000系1002F
43レ 各停 別所温泉行き
ここまで見事な逆光を使わない手はない!
これもここまで太陽が来るこの季節限定。
若干雲に隠れてしまったのが残念ですが…川面にも太陽の光が当たってきれい。
1000のちょんまげパンタもよく目立ちますw

2012年6月27日 上田電鉄別所線 城下~上田 7200系7253F
44レ 各停 上田行き
城下で交換してくる丸窓の時には完全に雲の中。

夕方の撮影は1分1秒が非常に大切。

この後は別所線の将来を考える会の定例会に出席。
終わった後は別所温泉に行って…
2012年6月27日 上田電鉄別所線 別所温泉 7200系7253F
花壇がきれいになった別所温泉。
暗くてよくわからないからとりあえずエントランスだけ定番構図で撮って撤収。

上りのあさま最終で帰京。
地元まで行く最終に間に合いませんでしたwww
おかしいな?間に合ったと思ったんだけど…

東海道が遅れたからかや?


ま、久しぶりの上田、なおかつ晴れということで気合バッチリで千曲川橋梁に張り付いてしまいましたww
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

初夏のラッセル

6月24日

松本のカエルと迷いましたが…
こちら来てしまいました。

取りあえず早朝の1レとはまなすは人様にみせられるような代物ではないので省略w

一旦宿に寄って平日ならば4連の列車で移動。

2012年6月24日 弘南鉄道弘南線 田舎館~尾上高校前 7000系7022-7012
12レ 各停 弘前行き
弘南線の赤帯は沿線高校4校のラッピングが施されています。

2012年6月24日 弘南鉄道弘南線 津軽尾上~尾上高校前 7000系7102-7152
11レ 各停 黒石行き
弘南と言えばコンクリの橋、弘南線は尾上の橋梁。

移動して館田付近
2012年6月24日 弘南鉄道弘南線 館田~新里 キ104+ED333
***レ 回送 弘前行き
今回のメイン!弘前駅開催の部品市に合わせてラッセル車の臨時運行。
ラッセル・カマともに昭和一桁の年代物。黒いブツが目の前を通過する様はなかなか迫力があります。小さいんだけどね…

2012年6月24日 弘南鉄道弘南線 運動公園前~新里 ED333
***レ 回送 平賀行き
イベント時間中はラッセルを弘前に展示するため機関車は一旦平賀に引き上げ。
単機で走る姿もなかなか珍しい。

2012年6月24日 弘南鉄道弘南線 柏農高校前~平賀 7000系7022-7012
24レ 各停 弘前行き
貴重な晴れ間も見事にまだら模様…天気が思わしくないorz

2012年6月24日 弘南鉄道弘南線 平賀~館田 ED333
***レ 回送 弘前行き
ラッセルも迎えに行くために再度出庫。こちら側はラッセルがくっつくためスノープラウは無し。
なかなかお目にかかれない顔かもしれません。
しかし右側運転台、左右非対称の武骨な顔…ユーモラスな野郎だw

2012年6月24日 弘南鉄道弘南線 平賀~館田 ED333+キ104
***レ 回送 平賀行き
ラッセル引き連れてご帰還。
冬に不定期で見られる姿ですが、初夏の運転ということで背後の田んぼは青々と稲が植わっている状態。

平賀から新青森へ移動。
なんと平賀→青森はA型硬券による連絡乗車券の発売をしていました。

新青森で土産物を物色&深浦産のマグロをふんだんに使用したマグロ丼を味わいまして…
2012年6月24日 JR東日本奥羽本線 青森~新青森 HB-E300 AH1編成 リゾートあすなろ
8535D 快速 リゾートあすなろ下北4号 新青森行き
今回一番の晴れ写真!www
一度撮りたかっただけにいい収穫。
今度はしらかみと合わせて乗りたいもんだよ。

つがる53号で青森へ。

2012年6月24日 JR東日本奥羽本線 青森 寝台特急あけぼの
2022レ 寝台特急 あけぼの 上野行き
ちょうどコイツがいまして…
乗車して帰京と相成りました。

やっぱ寝台はいいね。
車内で飲むビールが格別なんだわ、これがwww

以上!

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

【別所線の一枚007】節電前の六文銭

別所線の一枚007

「別所線の…」というより「JRの…」というような感じですが…

新幹線の発着する駅はどうしても画一的になりがち、高架の線路に相対式ホーム。
それを隠す壁がドーン!というようなイメージがあります。

上田の駅も当初はそんなつまらない感じになる予定でしたが、市民の寄付1億5千万円でアップグレードしたという駅。
趣向としては駅舎の下1/3くらいは70センチ四方の黒御影石を並べて配置、上部の白い壁と合わせて蔵をイメージした外装。
そしてさらに上田らしさが出ているのが白壁部分、夜になると間接照明によって六文銭が浮かび上がる!
写真はそんな夜の写真。新幹線、しな鉄、別所線、すべての終電が出た後。
六文銭は終夜点灯のようです。

今は節電で終日消灯。ちょっとさみしい上田駅お城口です。

でも別の新幹線駅よりよっぽどカッコイイ!と思うのは私が単なる上田贔屓だからでしょうか?

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

仙石の今

6月14日

つづき~
さて福島交通から移動。

新幹線…とも考えましたが、金銭的にも面白み的にも東北本線で北上することにしました。

福島~白石まで701
白石~仙台まで719

なに?この差www

仙台から仙石か東北か迷いましたが…

2012年6月14日 JR東日本東北本線 松島駅
降り立ったのは松島
えらいきれいな駅ですね…カッコイイ。
調べてみると2010年に建て替えられたばかりだとか。

そして歩いてすぐに仙石線の鉄橋があります。
2012年6月14日 JR東日本仙石線 高城町~松島海岸 205系M2編成
3456S 快速 仙台・あおば通行き
一本快速を撮影。
仙石のエース、マンガッタンライナー第2編成、M2。
これは目立つね!撮りたかった。

ちょっと歩いて高城町。現在は震災の影響で運転区間が分断されています。
2012年6月14日 JR東日本仙石線 高城町駅
高城町は仙台よりの運転区間の終端。
ここから代行バスに乗って石巻を目指しますが…

遠い!

ということで走ってなんとか間に合いました。
ホームページで代行バスは松島海岸で乗り換えですと案内している理由がわかりました。
ミヤコーバスが担っている代行バスはJRの乗車券や定期券を持っていないと乗車ができません。

2012年6月14日 JR東日本仙石線 野蒜駅(震災により運休中)
2012年6月14日 JR東日本仙石線 野蒜駅(震災により運休中)
やはり駅部分の被害が一番目に見えるのは野蒜の駅でしょうか。
直後に比べてガレキは撤去されたようですが、下り線に船がまだ残されています。

まぁよそ者の人間がどうこう言えることではないですが…
今自分が置かれている状況がどれだけ幸せか、ともすればマンネリ化する日常を打破するいい機会になりました。

2012年6月14日 JR東日本仙石線 矢本駅
バスは終点矢本に着きます。
列車は矢本より2つ仙台方、陸前小野まで運行されますが1日4往復。
矢本までくれば毎時1本は列車が出ます。

2012年6月14日 JR東日本仙石線 矢本 キハ110-242+キハ110-240(震災により気動車で運転)
7526D 普通 矢本行き
陸前小野~石巻は変電設備の復旧ができていないので気動車による運行になっています。
小牛田所属の陸羽東西線用のキハ110系が応援。
この奥の細道塗装カッコイイですよね!
普段と違う形とはいえ、鉄道復旧ができた幸運な事例です。

2012年6月14日 JR東日本仙石線 石巻駅 仙石線ホーム(震災により気動車で運転)
終点石巻。
側線には石巻で水没した205系が留置中。

2012年6月14日 JR東日本仙石線 石巻~陸前山下 キハ110-242+キハ110-240(震災により気動車で運転)
7626D 普通 矢本行き
石巻を矢本に向けて出発するキハ110。
架線の下を走る光景が本来の運用線区との違いを物語ります…
所定の205系による運用再開に期待ですね。

2012年6月14日 JR東日本仙石線 石巻駅
石巻駅は石ノ森章太郎ワールドになってます。
駅舎の右下ガラス部分は津波による浸水の記録が記されていますね。


ここから石巻線で小牛田、小牛田から東北本線で仙台、仙台から新幹線で帰京となりました。

まもなく再び「行くぜ。東北!」のキャンペーンが始まるようです。
「がんばろう!」はどちらかというと東北の人たちの合言葉のような気がします。
他所からの応援はやはり「行くぜ」なのかもしれません。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

飯坂線

6月14日

久しぶりに仕事が2日連続で休みになったんで…さてどこに行こうか。

ということで東京から「あさま」ではなく「やまびこ」に乗って北上。
2012年6月14日 福島交通飯坂線 福島 7000系 7101-7102
降り立った地は福島!
かねてから撮りたいと言っていた飯坂線に行ってきました。

まあ初めて訪れる路線なもんですからベタな有名撮影地から。
2012年6月14日 福島交通飯坂線 花水坂~医王寺前 7000系 7101-7202
20レ 各駅停車 福島行き
首都圏に一番近い7000系です。ディスクブレーキむき出しの台車もお久しぶり!
ここの電車はすべて中間車から改造された車両。
徹底的に平べったい7000系改造車シリーズ定番の顔ですが、他3社とは異なり尾灯が角型。
4社にいる改造車では一番東急らしい顔かもしれない。

2012年6月14日 福島交通飯坂線 花水坂~医王寺前 7000系 7113-7315-7214
22レ 各駅停車 福島行き
平日朝のみ3連の電車も動きます。7000系の固定編成では最長。こういうの見ると弘南の2+2とか見たくなってくるね。
ちなみにこいつは非冷房。

もう1本の3連まで撮って逆サイド。

2012年6月14日 福島交通飯坂線 医王寺前~花水坂 7000系 7204-7103
25レ 各駅停車 飯坂温泉行き
日中充当の列車は2本。2連にも非冷房はいますが、今日はどちらも冷房車。
屋根上にクーラーは無く。連結面側の窓が埋められて機器室になってます。

2012年6月14日 福島交通飯坂線 泉~上松川 7000系 7212-7316-7111
31レ 各駅停車 桜水行き
入庫する3連は最後桜水行きとして運行。別所線の朝みたいですね!
貴重な幕回しの機会です。

2012年6月14日 福島交通飯坂線 医王寺前~花水坂 7000系 7204-7103
33レ 各駅停車 飯坂温泉行き
松川の橋梁(って言うと長電っぽいwww)のたもとの第4種踏切から縦。
鉄橋の手前で若干カーブがあるので非常にゆっくり来る。
しかしコイツの縦撮りはすっきりしてんな!

2012年6月14日 福島交通飯坂線 曾根田~美術館図書館前 7000系 7114-7315-7113
37レ 各駅停車 桜水行き
JRとの平行区間でもう一本の入庫列車桜水行き。
危うく701系に被られそうに…時刻見てみると福島同発でした…
曾根田に止まる分飯坂線の方が遅かったんで無事撮影。

さて、ここまでまるっきり同じ顔の電車がズラズラ並んでいるなんともシンプルな状態ww

平行して走る2路線も来ました。
2012年6月14日 JR東日本東北本線 東福島~福島 719系H-40+H-30編成
576M 普通 福島行き
東北でこれ来たら当たり!長距離乗るならこれがいいです。
入庫してしまうので幕はすでに回送。

2012年6月14日 JR東日本東北本線 東福島~福島 阿武隈急行8100系A-5編成
920M 普通 福島行き
続行で阿武隈急行。
私鉄ですがやっぱり三セクの元丸森線。キハ22に比べたら形式も私鉄らしくなりましたが、やはり「JR臭」がしますwww

2012年6月14日 福島交通飯坂線 美術館図書館前~曾根田 7000系 7103-7204
32レ 各駅停車 福島行き
さて、阿武急の後ろにちょこんと見えている飯坂線。

今度は乗って終点まで一気に乗車。
2012年6月14日 福島交通飯坂線 飯坂温泉
終点はすごくきれいなカッコイイ駅舎が出迎えてくれました!
すげぇな飯坂線!

少し周辺をウロウロしてから
2012年6月14日 福島交通飯坂線 飯坂温泉
福島の気合を見届けて

2012年6月14日 福島交通飯坂線 飯坂温泉
福島まで乗り通し。
降車ホームと乗車ホームが分かれています。
ただ列車が2分で反していくのですが、改札が降車のお客さまが抜けるまで始まらないのであまりホームが分かれている意味はなさそう。
きっと通勤時間帯は威力を発揮するのかもしれません。

さて半日だけですが飯坂線を楽しんできました。
新幹線の途中駅から温泉まで行くという路線性質は別所線とすごく似ているような気がします。
幹線道路が福島から終点までほぼ並行して走っているのにもかかわらずしっかりと電車に乗客もいて賑やかな鉄道だという印象。
通勤通学時間帯も結構な乗客がいます。
沿線に高校があるため上下ともに混むようです。
やはり利便性の高い鉄道が地元にしっかり根ざしているのはいいことですね。

車両についてはさすがステンレス製。
車内はやっぱり屋根が低いw
そしてほかの譲渡車よりもツルンとした印象を感じる顔!
全部の車がこの顔ってのもありますが、塗装が単純な一本帯、そして弘南のようなHMも無ければ北陸にもあるスノープラウがあるわけでもない、水間のようなカラフルな車でもない。
そんな平凡な車両がここにはいます。かわいらしくていい電車です。
側面のスーパーの広告だけは目立ってしまって残念ですが、増収に向けての施策なのでしょう。


この後は在来線で北上します。
別記事にて。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

モグラ

6月8日

一昨日の勤務の休憩時間中、同業他社で働く専門時代の同期とメールをしてて…

休みが重なるからどっか行くべ~という話になった。


出発はゆっくりと、とき317、狭さMAXで越後湯沢を通り上越線乗り換え。

2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
来てしまった。
久しぶり!新潟色の115系

さてさて、ここはどこなのよ。
2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
土合駅!
無人駅ですがかなり谷川岳をイメージした立派な駅舎が出迎えてくれます。
季節によってはハイカーがいたりもするんでしょうが、今日は電車から降りたのは私たち二人だけ。
お隣湯檜曽の駅舎が非常にちっぽけになってしまってますが、ここは健在で何より。

駅の表記も関東の最新LEDタイプというから驚きです。
トイレもめちゃくちゃきれい

土合と言えば地下のモグラ駅ですが、その前に上りホームを見ておきましょう。
2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
ダァ~っと長いホームにちょこんと2両が止まるわけです…あまりすぎ。
現在の新清水トンネルができるまではここは交換扱いの駅だったようで、旧下り線の敷地が一目瞭然。

2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
ホームが途中でぶった切られているのは…
土砂崩れで埋まったので土砂と一緒にぶっ飛ばしたらしい
2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
なるほど、普段は踏切障検で見かける「トウモロコシ」もここは土石流。

さて下りの電車まであと30分を切る頃、のんびり降りていきましょうか。

再度上りホームから改札へ至る通路を見てみるが…この湿ったような雰囲気…コンクリむき出しな感じ…
2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
どっかの市民プールって感じw
まぁその先には更衣室でもなくシャワーでもなく立派な待合室、蛍光灯の切れもない。

んじゃ…行くぜ。地下!
2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
夜は嫌だな…

2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
ご丁寧にこりゃどうも、JRさん。これから下りますぜ。

2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
ど~~ん!
さすが462段。
まぁかつて金毘羅奥社まで行ってますから段数的には大したことないんですが。
ここがトンネル内であること、そしてここが駅であることが異質な雰囲気プンプンです!

ちなみに向かって右はエスカレータ用の用地らしいwww
まぁ設置予定はないでしょw
どうしましょう、土合駅バリアフリー化工事について(pdf)みたいな記事あったらww

2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
下まで降りてきました。
電車で着いてこれを上るのかと思うとツラいよね、これ。

せっかく谷川岳あたりにいるので…
2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
フロムアクア!
谷川連峰の天然水!
ここ谷川連峰で大清水トンネル建設中に見つかった湧水がルーツだそう。
里帰りですwww くだらんことやるのは相変わらず。落ちないキャップも絶好調?

この地下ホームはつい数年前まで通過線をもった配線でしたが、
現在はホームが張出し旧通過線部分が本線として残っています。

2012年6月8日 JR東日本上越線 土合
この暗闇にいると電車が来た時の安心感がたまらない。1日5往復となればなおさら。


さて、地上に帰って最初の駅、新潟県は土樽で下車。
2012年6月8日 JR東日本上越線 土樽
駅舎はログハウス風。あまり好きな形態ではないです…
内装はかなりきれい、最近の工事でしょう。
ここも土合と同じくホームを張り出して旧通過線を本線としています。
信号扱い所がしっかり残っているあたりもいいね。

電車も来ないしホームでノンビリしていると…

2012年6月8日 JR東日本上越線 土樽
保守用車www
これだけの閑散線区ですからね。真昼間に線路閉鎖してこんなこともできます。

ちなみにこやつは土樽の側線に引っ込みました。
横取の「トウモロコシ」が光っているのも初見www


友人と話してればこんな閑散線区も電車来るまで案外早い。

帰りは横浜までひたすらのんびり帰っていきましょう。
2012年6月8日 JR東日本上越線 土合

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

T6の旅立ち

仕事が忙しくて撮影もなかなか行けん状態なので…過去の写真でお茶を濁すパターン

先月の撮影会で…
2012年5月20日 長野電鉄 鯨団臨ツアー撮影会 8500系T6編成「よませ」
こんな姿を見せてくれた…

2011年3月27日 長野電鉄長野線 8500系T6編成
長電のアイドルT6!

ふと過去の写真を漁っていると…

T6が旅立つころの写真が出てきました。
2009年3月11日 横浜高速こどもの国線 恩田~長津田 デヤ7200+長電T6+デヤ7290
今は亡きデヤに挟まれて屋代までの長旅の第一歩。

踏切で自動車に相撲を挑まれてスカート無くしたころもいい思い出w

ちなみに8500乗るときによくあたるのがT6です。
今年の冬には松川橋梁でギラギラに輝く姿撮れるかや…?

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

【別所線の一枚006】7200のステップ

別所線の一枚006

7200系のステップは気まぐれなんだろうか。

下がっていることもあるが上がっていることもある。
どちらかと言えば下がっている方が多いと思う。

さらに言えばクハ7553が上がり率が高い。

とはいえ多いのは下がっている姿。


7255Fは基本的に最近は上がっていることを見たことが無い。
過去の写真を見てみると下げていることもあるんだけど…

この塗装だから上がっているとやっぱり目立ってしまうね。

入線当時はそもそも貫通扉のステップは無く、ワンマン化くらいを境についたような感じらしい?

東急時代にもステップはあったがもうチョイ小さ目、こんなに角ばっていないものだった。

まぁ、取り付けて使っているのかといえば怪しいが…
近年だと…
2012年5月5日 上田電鉄別所線 丸窓まつり
このマークの取り付け、実はこのステップの穴にネジ止めしているようなのです。

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

じゅげむ9007

Author:じゅげむ9007
「ななくりとうきゅう」へようこそ。

長野県出身、東急沿線、ハマ線沿線民。

上田電鉄別所線の撮影をライフワークとして、仕事の合間に現時点では月1以上の上田訪問を目指してちょいちょい通っています。
いろいろな景色を切り取っていくのは快感そのものですね。


他に地元の東急だったり長電撮ったり、撮影の趣向は銀色の電車に集中しているようです。
人気のある列車より地味に黙々と仕事をこなす列車の方に写真の重点はおかれている人間です。


まぁ結論から言っちゃえば

上田と長野と東急に重点を置いた通勤車好き


よくわからない?

そんなもんです(笑)


平成28年 別所線の将来を考える会 会員

別所線にのろう!
当ブログは上田電鉄別所線の存続運動を応援しております!
上田電鉄バナー

別所線にのろう!リンク

企業・行政・民間が一体となった別所線の存続活動が動いております。
地域の財産である公共交通をしっかりと守っていくことは非常に大切なことです。
様々な団体が支援策を打ち出し、上田電鉄さんも企業努力をしていらっしゃり盛り上がりも見せておりますが、廃線の危機から救われたわけではありません。
継続した支援策や取り組みを行っていくことで魅力ある別所線を存続させていきましょう。

存続のために…
1.通学、通勤定期を買ってもらおう。
2.自治会回数券を買ってもらおう。
3.別所線のイベントには必ず参加しよう。
4.一年に1回は別所線に乗ろう。

2011年10月27日の別所線の将来を考える会例会で決議された行動スローガン!。
当ブログ管理人のように地元の人間ではない場合、フラっと観光で乗ってみるだけでもいいのです。
小さな電車に揺られて景色を楽しみながら…
楽しいひと時を創りながら存続にも貢献できる…
一石二鳥です。

さぁ、みなさんも「別所線にのろう!」


別所線存続支援キャラクター「北条まどか」公式Twitterアカウント
別所線の「今」を感じてみませんか?


「上田市アイプロジェクト」公式Twitterアカウント
別所線の支援策を基に続いて上田市内バスの利用促進へとステップを進まれます。 今後の情報に注目です。
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
現在時刻


アクセスカウンター

カウンター設置:2011.2.4
ブログ開設:2008.8.22
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
当ブログについて
当ブログについての説明です。必ずご一読ください。
このたびは「ななくりとうきゅう」にお越しくださいましてありがとうございます。
名前の由来は古くは「七久里の湯」と呼ばれた別所温泉+地元の東急ということです。
上田電鉄を主体に東急線、長野電鉄線などを扱ったブログです。
また管理人じゅげむ9007は上田電鉄別所線の存続活動を応援しております。

当ブログの記載内容はほとんどが個人的に思ったことをつらつら綴っているだけですので、基本的に各鉄道会社等との関係はございません。
記載内容が最新の情報で無い場合もあります。特に撮影地に関する部分はご注意ください。
当ブログの内容を参考にした結果発生した不利益に関して、当ブログは責任を負いません。

掲載されている画像・文章についての著作権はすべて管理人にあります。
無断転載など著作権侵害に当たる行為はおやめください。
また、リンクはフリーですが、設定された際はコメントなどで結構です、お知らせしていただけると助かります。
リンク先はトップページ・各記事のページに限ります。画像への直リンクはおやめください。
その他基本的なマナーをご留意いただいた上でのコメントなど大歓迎でございます。


それではどうぞごゆっくりご覧ください。